婚約指輪はやっぱりダイヤモンド?

婚約指輪は本当に必要?


プロポーズと共に目の前で輝く婚約指輪ー。ドラマでもよく見かけるこのシチュエーション、プロポーズの定番とも言えるものです。世の男性陣は結婚したい女性と出会ったとき、お給料の3か月分を握りしめて宝石店へ1人向かったものでした。 ところがこの婚約指輪、現在はあまり重要視されていないようです。「普段つけるのは結婚指輪だから」「婚約指輪のお金を新しく購入する家具に使いたい」と考えるカップルが増えていることが理由の1つです。価値観が変化してきているということでしょうか。現実的な考え方に、なるほど、と納得もできます。 確かに、結婚式を終え入籍を済ませば、その後は結婚指輪の出番となり婚約指輪をする機会は少なくなってしまいます。 しかし、友人や親戚の結婚披露宴の参加、子供の入学式などのお祝いの場では、いつもの結婚指輪に加え一際輝く婚約指輪を着ける事もあるのです。


ダイヤモンドは永遠の輝き


最近では婚約指輪に真珠や誕生石を使用する事もあるようですが、やはり婚約指輪といえばダイヤモンドのイメージが強いもの。 ではどうして、婚約指輪にダイヤモンドが使われるようになったのでしょうか。 その理由はダイヤモンドの特性にありました。天然物質の中で最も硬いと言われるダイヤモンド。壊れることなく輝き続けるダイヤモンドは、これから夫婦となる2人の絆を象徴するのにピッタリなのです。また、リングは終わりのないループ「永遠」を意味します。ダイヤモンドのリングは、固く壊れることなく永遠に輝き続けるものであり、永遠の愛を誓う婚約指輪には最適なのです。 これからプロポーズを考えている方は、生涯のパートナーへの永遠の愛の証としてダイヤモンドの婚約指輪をプレゼントされてはいかがでしょうか。