婚約指輪のメリットとデメリットとは?

憧れの婚約指輪!薬指にキラリと光る幸せの象徴。


女性にとって婚約指輪は特別なものですよね。いつかは自分もと憧れていた少女時代、実際にプロポーズされて彼から手渡されるエンゲージリング。将来を誓い合った二人の約束の証とも言えるのではないでしょうか。お給料の三か月分などと言われていた時代もあるように、一世一代の贈り物として通常よりも高価なものをプレゼントする傾向が強いようです。結婚を報告する友人たちとの会食でキラリと光る薬指のリング。まさしく幸せの絶頂を迎え、女性として生まれた喜びを感じる瞬間と言ってもよいでしょう。一生に一度の記念の品、彼からの愛の証が形として残るということが一番のメリットではないでしょうか。 結婚指輪と違い装飾性の高いものですから、オシャレアイテムとしても利用できるのが魅力的ですよね。


結婚指輪と違い、使用頻度が低い!?


婚約指輪は一粒ダイヤやエタニティーなどデザイン性の高いものがとても多いので、仕事や家事などの実生活では傷つけることが気になったり、実際に洋服などにひっかけてしまったりと、普段使いにはあまり向いていません。そのため普段は大切にしまっておくことが多くなり、使用頻度が低くなってしまうのが唯一のデメリットと言えるかもしれません。最近ではエンゲージリングの代わりに時計をプレゼントしたりする傾向があるのもそういった理由のためと思われます。 しかしここはせっかくの記念の指輪。高価で傷つけるのが怖いからという理由で使わないのでは本末転倒。ちょっとしたお出かけでもメイクに手をかけオシャレな服を身に着け、手元のアクセントとして積極的に婚約指輪をつけて出かけてみてはいかがでしょう。そんなメリハリのきいた女性らしさに、いいオンナ度がアップすることは間違いなしです。