婚約指輪の値段について調べよう!

嬉しい!でもちょっぴり気になる婚約指輪事情


婚約指輪をもらう瞬間って、どんな女性でも嬉しいし一生の記念になりますよね。サプライズでのプロポーズを期待したり、自分が欲しかったブランドの指輪をあらかじめ伝えておいたりと、婚約指輪に対する思い入れは様々です。 幸せな気分に浸りつつも、ちょっぴり指輪のお値段って気になりませんか?「お給料の3ヶ月分」って定説のように言われてきましたが、実際はまったく違うようです。まず「お給料の3ヶ月分」はバブル世代の話ですね。最近は不景気ですし「給料がなかなか上がらない、」と嘆く男性が山のようにいます。その上、一生に一度とはいえ3ヶ月分の出費はかなり負担になります。周りの意見や実際の体験からリサーチした結果は「お給料の1ヶ月」でした。新!定説になるかもしれません。


世代でお値段が違うの?


お給料の1ヶ月と言っても、個人差がありますよね。年代によっても婚約指輪にかける予算は変わってきます。男性が20代で結婚する場合で最も多い価格帯は、25万円〜35万円です。若い世代ですと、婚約指輪と結婚指輪を一つにして贈るケースが増えています。そのほうがカジュアルな服にも浮かず、普段使いできるのが理由のようですね。また素材をゴールドにしたり、ダイヤ等の石を装飾しないシンプルなデザインも人気があります。 30代や40代で結婚する場合は、平均50万円〜60万円というのが多いですね。出世したりや仕事に自信がつく世代ですし、堅実に貯金をしている人も多いでしょう。定番はプラチナ素材に一粒ダイヤという王道のデザインが人気のようです。ブランドも「カルティエ」や「ティファニー」、「ショーメ」などの超有名ブランドが根強く人気です。 とはいえ指輪の価値は値段ではないですけどね!